お勧めサイト

未確認歩行生物 亜紀ちゃんがナビ 黄色と黒は勇気の
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
げん玉(詳細) ゲットマネー(詳細) ハピタス(詳細)
リス好きに最適 車が当たる! がまぐち犬(^_^;)
モッピー!お金がたまるポイントサイト フルーツメール 暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム
モッピー(詳細) フルーツメール(詳細) ポイントインカム(詳細)
TOP > ARCHIVE - 2012年09月

2012年09月の記事 (1/1)

ネットを始めて1年半近く経ちました

ネットを始めて1年5ヶ月過ぎましたが、なんとかお金儲けに本腰をいれ始めたのは1ヶ月前くらいからです。最初はパソコンすら持っておらず、なんとPSPからネットに繋いでおりました。初めて買った中古のパソコンが僅か半月で故障する悲劇に見舞われ苦難のスタートとなりました。おそらくリカバリーディスクがあれば立て直せたのかもしれないのですが情弱ゆえになすすべもなくスクラップとなってます。5年前くらいのパソコンだったのでちょうどハードディスクドライブが壊れたのかもしれません。何しろずーっとスワップしまくりだったのをあとから気づいたくらいですので。その頼みの綱のPSPも検索機能がいかれるという信じられないトラブルに見舞われてしまいます。
なにしろ情弱なのでウイルスを疑ったりしてみましたが、時々復活したときにブックマークしまくって、検索機能を何とかカバーしてました。PSPは分解して接触不良を治しながら何とか使ってました。その頃からネットでお金儲けには興味があったのですが、その話は次回に。
スポンサーサイト



妖怪道中記(PCエンジン)

クリアした日 1988年4月17日     ゲームセンター並のクオリティを体験できるコンシューマ機として待望のPCエンジンが発売された。カトちゃんケンちゃんとか、いくつかゲームをプレイしたけど、初めてクリアしたゲームがこれ。実際はゲーセン版より内容は落ちるんだけども、それでもそのグラフィック能力には興奮した。テンポのいいボス戦の音楽が今も耳に残る。

ガーディック外伝

クリアした日 1988年2月14日    しかしバレンタインデーにクリアしてるとは淋しすぎる。コンパイルがザナックのエンディングで予告したのがこのゲーム。シューティングとアクションの二本立て。主人公の女の子が機体と地上歩行型に交互に変化する。これはハマった。このゲームの醸し出す雰囲気も好きだった。ゲーム全体に漂う退廃感というか憂いを帯びた感じ。音楽のせいなのか? ファミコンらしさを体現したようなゲームだった。

魂斗羅(ファミコン版)

クリアした日 1988年2月12日     私がファミコンにゲーセン並のゲーム性を求めてやまなかった頃、コナミのゲートアレイは希望の星だった。そのゲートアレイの力をいかんなく発揮した最初のゲームがこの魂斗羅だったような気がする。決して月風魔伝でも沙羅曼蛇でもない。何でも背景の葉っぱがワサワサ動くのはこのおかげだったらしい。元祖FTSのようなステージは音楽と併せてとても格好良かった。でかい弾が大量に画面に表示される様は確実にファミコンの限界を超えていた。

ミネルバトンサーガ

クリアした日 1987年12月15日     ドラクエの陰に隠れてあまり知られていないかもしれないが隠れた名作だと思う。どの辺が隠れた名作なのか、あまりに昔のことなので忘れてしまった。じゃあネットで調べりゃいいじゃんと言われるかもしれないけど、あくまで今覚えてることだけ書く主義なので。とにかく瞑想センターという場所にたどり着いたとき感動した。

タッチ

クリアした日 1987年11月30日     主人公の3人がダラダラと歩くいわゆるひとつのクソゲー(?) でも私はこのゲームの雰囲気がとても好きだった。子供の頃町外れまで遊び歩いたことを思い起こさせる。このゲームがきっかけで、タッチ本編のマンガも読んで観たりした。ノスタルジー溢れるこのゲームの世界に再び浸ってみたい。たぶんつまらないだろうけど。

沙羅曼蛇 (ファミコン版)

クリアした日 1987年9月27日     私が初めてゲームに興味を持ち始めたとき、ゲームセンターにこのサラマンダがあり、美しいグラフィックにしびれた。そして上手い人のプレイにも。それがついにファミコンに移植される。わくわくドキドキして発売日を待ったが、途中新宿のヨドバシカメラ(さくらや?)のモニターで観た3面ボスにはがっかり。巻いてない!巻かれたかったのに~。やはりファミコンでは無理だったかー。とはいえ、そこはゲートアレイである。ステージのプロミネンスの再現にはびっくり。 発売後も大いにハマったが、やや残念なこともある。敵の攻撃がショボイ、もっと弾幕を! 5面もなんか変なステージに変な音楽。後にそれはライフフォースの音楽だと知ったのであるが。まあ、5面を再現するのはファミコンでは到底無理だとは分かっていたが。 そしてあのダイナミックな音楽とともに最終面に突入。うーん、なんかガラーンとしている。思わず、すいませーん誰かいませんか~と言いたくなってしまう。このようにファミコン版沙羅曼蛇はゲーム性よりグラフィックに重きをおいた作りになっていた。人によって評価は分かれるだろうが、私はファミコン版は元祖グラディウスの方が完成度が高いと思う。

 

グラディウス2(MSX)  

クリアした日 1987年9月5日     スクロールがカクカクする、今では考えられないようなMSX1のゲームだったが、数あるシリーズの中でも評価が高い?はず。名作といってもいいんじゃないか。フル装備コマンドができるようにするには、MSX2のハードのもう一つのスロットにコナミのQバードというやりたくもないゲームを差し込まなければならず、そちらも思わず買ってしまった。ハードの限界を越える派手な演出はMSXにおいてもコナミの存在を際だたせていた。

ドラキュラⅡ

クリアした日 1987年8月31日     傑作、悪魔城ドラキュラの第2弾として発売されたが本家を越えることはできなかったようだ。ディスク読み込んで別画面に移動したとたん、敵にはね飛ばされて元画面に戻されイライラした思い出がある。でも音楽はなかなかよくて、今でも耳に残っている。



メタルギア(MSX)

クリアした日 1987年7月19日     超有名シリーズの原点。MSX2ならではの大きなキャラ(当時としては)、敵に見つからないように潜入するドキドキ感、それを盛り上げる音楽、とにかく面白いゲームだった。

夢幻戦士ヴァリス(MSX版)

元々はパソコンのゲームだったような気がする。でも高くて買えなかったので(MSXも一応パソコンだが)、とにかく萌え~な気分に浸りたくてMSX版を買ってみた。しかしショボいグラフィックでとても萌え~な気分にはなれず、内容もいまいちなのでほとんどやらなかった。

新人類

クリアした日 1987年4月22日   こんな昔のゲームだったっけ。ホント記憶は時間に関してはいい加減だな。長州力をモチーフにしたいっぷう変わったシューティングゲーム。ラリアット攻撃が痛快でけっこうハマった。
最終ボスの蠅みたいな奴がなかなか倒せなくて苦戦したのを覚えてる。

月風魔伝

クリアした日 1987年7月8日     発売前に一番期待したゲームがこれ。なにせ当時はゲーセンレベルのクオリティをファミコンで再現するのは到底不可能だったから、コナミの技術力には期待した。このゲームは移植ではないけれど一応ファミコン最高のクオリティだったから。なにせ初のゲートアレイというコナミ独自の技術が使われてるらしい。その技術で作られたらしい3Dダンジョンははっきり言ってつまらなかったが、横スクロールのアクションはなかなかだった。フィールド画面の音楽が好きだった。

ガリウスの迷宮(MSX版)

クリアした日 1987年6月1日   MSX1のショボイグラフィックながら、内容はめちゃくちゃ濃い名作。やりごたえ充分、難度も高いがどっぷりとはまった。軽快な音楽が今でも耳に残る。ボスはこのハードにしてはかなりがんばっていた印象がある。